column

松山でcoshaがユニフォームを制作するという事(2)

2019.04.22

先日、松山市天山にオープンされた、「 THE BED ROOM SHOP sanbun_no_ichi」様にユニフォームを納品させて頂きました。

今回制作させて頂いたユニフォームはこちら→

今回もsanbun_no_ichi様とのミーティングが毎回楽しく、非常に充実した毎日を送らせて頂きました。お二人の人柄に支えられました。本当に感謝しております。

 

私がユニフォームを制作させて頂く際、いつも心に置いている事は、「働いている時間が楽しい時間になるように」と言う事。

お仕事をされている人は、人生の大半を職場で過ごしていると思います。出来るならば、その場所にいる時間、仕事に従事している時間が「楽しいもの」になればと良いと思っています。

仕事は厳しいもので、楽しさを求めるものじゃ無いって言う意見もあるかもしれませんが、私は「お洋服の力」って凄まじいものがあることを、実感しています。

例えば、人の第一印象は「視覚、聴覚、言葉」で決まると言われています。またその中で「視覚」の占める割合は55%なんだそうです。

 

という事は、

視覚=おしゃれ!清潔感!かっこいい!かわいい!

聴覚、言葉=気持ちの良い挨拶!丁寧な言葉使い!

が揃えば、第一印象は素晴らしいものになるのでは無いかと思います。

 

実際、私自身も、社内スタッフが笑顔で「ユニフォーム凄くかっこいいって言われたよ!」と言うことを頻繁に耳にすると、とっても気分が良いですし、単純に嬉しいです。スタッフも褒められる事によって、会話が弾むきっかけになるかもしれません。

 

また、「ブランド」って大事だと思っています。ユニフォーム(制服)=ブランドだと私は思っています。

もちろん、大事なのは服の方では無く、「着る人」の方です。

しかし、その両方が揃った時のインパクトと言いますか、カッコ良さというものは、「あぁあああ… 素敵だなぁ…」と心が動かされます。

 

皆様も心当たり無いでしょうか。例えば、星を獲得しているようなホテルのドアマンの制服がかっこよく見えたり、また、おしゃれなカフェスタッフのユニフォームが可愛く見えたり。

そんな時って、「かっこいいな~(かわいいな~)」と同時に、嫉妬と言うか、憧れと言うか、それを来ている人が、羨ましく思ったりしませんか?そこのスタッフを見て「なんか好きなことやっているんだろうな~」って思ったりしませんか?

ユニフォームには、そういう役割もあると思います。

大切なのは「服」では無く、それを着る「人」です。しかし、その「人」が、気分が高揚したり、嬉しい気持ちになりやすい服ってあると思います。袖を通すだけで気持ちが引き締まる服ってあると思います。

 

それを着る人が、それを着られる事自体が「誇り」と思って頂けるようなものを、この松山市で制作していきたいと思っています。

 

ユニフォーム制作のご相談はお電話でもメールでも受け付けております。少量の制作でもお気軽にご相談下さい。

 

cosha

電話 089-921-3121

メール contact@cosha.jp

 

 

伊藤

 

 

 

 

ページトップへ