column

Table maintenance (1)

2018.12.29

 

 

ダイニングテーブルの上に、鍋敷きを敷いて鍋をやっていた所、鍋敷きのデザインがテーブルに移ってしまったケース。

その鍋敷きは「穴」が空いているデザインで、恐らく鍋の熱が直接テーブル表面に伝わり、何らかの変化をもたらしたのでは?と言う状態。

うっすらと「線」が見えますね。

毎日使うダイニングテーブル。特に納品から間もない時期の出来事でしたので、お客様もご心配の様子でした。

 

ここにヤスリがけと、オイルを塗布…

 

全体的に色がウォールナット特有の深いブラウンになり、また鍋敷きの跡も目立たないレベルにまで戻りました。

 

ビフォー・アフター画像

オイル塗りたてで撮影したため、塗布後の画像はより濃くなっています。無垢素材は、メンテナンスを施せるメリットがあります。

 

もちろん、製品本来の仕上げの加工によっては、出来ることと出来ないことはありますが、当店では精一杯、ご対応させて頂きたいと思います。

また、メンテナンスを実行している様子を撮影した動画をご用意しようと思います(^^)

 

素敵な家具を長く、愛着をもって使って頂く為に、こちらのコラムページでもメンテナンス方法などをお知らせしていきます。

 

 

伊藤

ページトップへ